2008年01月の一言


臨時議会

-2008/01/30

臨時議会が開かれました。

・職員給与改定・副市長(西久保総合政策部理事)の任命・松本議員の辞職勧告についての議案が提出され全て可決しました。


 


埼玉西武ライオンズ壮行会

-2008/01/28

 毎年恒例のライオンズ激励の集いがくすのきホールで行われました。年々ファンが増えているようで、大ホールがいっぱいでした(発表4500人)

 「ライオンズは今年で30年になります。そのうち日本一が9回、リーグ優勝が15回です。昨年は5位という不本意な成績に終わりましたので、今年は全力でV奪還する」という、後藤オーナー、渡辺新監督の挨拶がありました。

又、今年は壮行会の前にプロペ通りでパレートを実施しました。地域貢献が目に見える形で実施されているのはうれしいことです。赤田選手会長が「優勝してパレードしたい」と挨拶をされていましたが、実現に向けて一生懸命応援したいと思います。


福祉住環境コーディネーター合格しました!!

-2008/01/26


昨年の11月に受験した東京商工会議所主催の「福祉住環境コーディネーター3級」検定に合格しました。
独学のため心配でしたが、無事に受かったので本当に良かったです(^^)/
ただ試験に合格しても、私の場合は実経験がないので、今年は福祉現場で実際に介護などにかかわらせていただき勉強したいと考えています。


-2008/01/23

 今朝は、駅で議会報告を配らせて頂きましたが、7:40位から雪が降ってきました。
 朝の忙しい時間・久しぶりの雪ということで、皆さん戸惑っておられました。
 どこまで積もるかな。。。
 


代表者会議・議会運営委員会

-2008/01/22

30日に臨時議会が開かれますので、事前会議が開かれました。

6つの議案が提出されましたが、注目議案は

・主な議案は、西久保総合政策部理事の副市長の選任
・人事院勧告に準ずる一般職員の給料改定

です。
1週間ありますので、よく調査して議会に臨みます。


ポスティング始めました。

-2008/01/19

新しい市議会報告ができました(^^)
 早速、ポスティングを始めましたが、寒い冬の議会報告配りは大変厳しいです。
 寒い中、一緒に配ってくださったボランティアの皆様には頭があがりません。本当にありがとうございます。
 皆様のご期待に添えるようにがんばる決意をあらためていたしました。
 議会報告を読んでくださった方のご意見をお待ちしております。


成人式

-2008/01/14


本年の新成人は3,736人です(ピークは平成4年の6,387人)。
今年の成人式は私語が一切なく、厳かに行われました。
テレビでは荒れた成人式が放映されていますが、ほんの一部だと思います。むしろマスコミが取材して作り上げている気もします。
昔は、成人式が荒れたこともあったようですが、私が5年連続出席している小手指地区の成人式は毎年、新成人の方はまじめで、問題なく行われています。新成人の方のご活躍を心よりお祈りいたします。


お友達

-2008/01/13


サマースクール仲間のミッチーマンと成人式会場で写真を撮りました。
とっても綺麗でした(^^)


着物

-2008/01/12


元気な男性陣をパチリ。村上議員(写真中央)がお聞きしたところ、衣装はレンタルで5万円だそうです。
近年、女性の着物は黒っぱい色が流行っておりましたが、今年は明るい色が復活してきたようです。景気が回復したのでしょうか?(新年会に出ている限り地元企業は厳しいという話しか聞こえてきませんが…)


今日読んだ本

-2008/01/10


今日は、風邪気味だったので家で読書をして過ごしました。

@「超現場主義 中小企業金融論(役人・学者・銀行員、エリートにはわかるまい!)」 著者:衆議院議員 平将明
 
 中小企業の経営者として資金繰りに苦しんだ経験から、中小企業に特化した「日本振興銀行」を設立した小泉チルドレン議員の中小企業システム論です。中小企業の資金繰りの実態と政治家には現場のヒフ感覚を持つ必要性を説いています。

 http://www.taira-m.jp/

A「日本一うまい魚の食べ方(築地魚河岸若旦那が教えるプロの味)」 著者:築地魚河岸 鈴与三代目 生田與克

 本当にうまい魚の食べ方・築地に生きるプロはどんなうまい魚を食べているのかを、べらんめぇ調で魚の季節ごとに調理方法等も紹介しながら教えてくれる本です。ブランドに惑わされないで旬のお魚を見極める「お魚感性」をつける本です。
「日本一うまい魚のごはん」という続編も出ているようなので、読んでみたいと思いました。

 http://www.uogashiyarou.co.jp/

 お二人は、私が大学時代に東京青年会議所が主催する「国際貢献ミッションin china」に応募した時の面接官であり、一緒に中国で植林活動をさせていただいた方です。その後も、勉強会や築地市場のマグロのセリ見学に連れて行ってくださった恩人です。
 
 昨年末に衆議院議員になられた平さんの国政報告会で久しぶりにお会いし、本を出されたことを知ったので読んでみました。
どちらも読みやすい本ですので、お勧めいたします。


消防出初式

-2008/01/07

 毎年恒例の出初式が行われました。今年は写真を中心に出初式を紹介させていただきます。

 本日の出動人員は消防職員が175人、消防団員が208人でした。
 消防職員は公務ですが、消防団員は別の仕事をしているボランティアの非常勤公務員の方です。平日にもかかわらず約2/3の方が出動された団員の皆様の郷土を愛する消防魂には、総務常任委員長としてはもちろんですが、市民の一人としても大変感謝しております。
 尚、年末の12月28〜30日の夜間も消防団の方が歳末警戒をしてくださいました。

ーーーーー本日の資料より(平成19年)ーーーーーーーーーー

消防署所数:本部1、消防署2、分署4、分団10
消防職員:332人、消防団員325人
消火栓:4949基、防火水槽:2580基
車両:ポンプ車22台、救急車:8台、救助工作車:2台、はしご車:3台、科学車:1台
災害件数:93件、救急:12,678件、救助98件、警戒843件、119番受付:21,626件
防火対象物:8,278件、危険物施設:470件、自主防災組織:162組織、幼年消防クラブ:6園
防災施設〜防災備蓄倉庫:62箇所、災害用井戸:135箇所
非難場所〜広域指定避難場所:1箇所、指定避難場所:66箇所

 昨年から結成された女性消防団が救急活動を行っておりますが、今後は高齢社会に伴う救急活動の強化が重要です。


出初式:消防活動訓練

-2008/01/06


3階建ての共同住宅より出火したとの想定で、消防署・消防団による消火・救出・救助並びに救護活動が実施されました。


出初式:徒列分列行進

-2008/01/05


参加機関の方が全員行進されましたが、一番人気は幼年消防クラブののかわいい鼓笛隊です。
双見保育園児の「♪戸締まり用心、火の用心〜♪」幼少の頃から、防災意識を持つことは効果があります。


出初式:一斉放水

-2008/01/04


10分団が一斉に放水を行いました。県から支援のヘリコプターも飛んできました。


出初式:はしご乗り

-2008/01/03


出初式恒例の所沢鳶組合の皆さんの「はしご乗り」の演技披露は迫力満点で、市民の皆様からの拍手も盛大でした。


新年の抱負

-2008/01/01

あけましておめでとうございます。早いもので市議5年目の2期生になりました。特に、昨年の選挙では多くの市民の皆様にご支援いただきましたことに心より感謝申し上げます。

さて、私の1期目の4年間は所沢市のことを良く知ることに力を入れました。
多くの市民の方とお話をさせていただき、色々なところに足を運ぶことにより、所沢市の置かれている現状と課題の把握に努めました。

対話は自治会や商工会、農業、福祉、教育など、幅広い分野の方々とお話させていただく中でたくさんのことを教えていただきました。また、私は若者の代表でもありますから、政治に無関心な人や、子どもの意見を聞くことにも力を入れました。

現場に足を運ぶことは、学校や公民館などの施設や道路に行くことはもちろんですが、なるべく自分で実際に体験するようにしました。特に、有意義で印象深かったのは、クリーンセンターでのごみ収集作業とプラスチックゴミの選別作業体験、新潟中越地震のボランティア活動に少しですが参加したことです。

2期目は1期目で学ばせていただいたことを基礎に視野を広げて、国や県・他市、場合によっては海外の事例を取り入たり比較検討などをして、議会を通じてどんどん質問や提言をしていきたいと考えています。特に環境や財政、福祉などを長期の視点で考えていくことを強化していきます。

昨年を振り返りますと、ずさんな社会保険庁の年金記録管理の実態や横領が明らかになり、国民がびっくり仰天いたしました。その一方でグリーンピア等へ公的年金を無駄に流用していたわけですが、急速に進む高齢社会による年金支給が難しくなることを安易に予想できたはずです。未来を見据えた長期施策を打ち出すことが、議員に求められていることを実感いたしました。

最後に今の日本社会に求められているのは、「モラル」と「信頼性」だと私は考えます。
ミートホープや赤福、船場吉兆など様々な食の安全が問題になり、こちらも大変びっくりと同時にショックを受けました。

また、現職閣僚の自殺まで引き起こした「政治とカネ」の問題が多発し、国民もうんざりしておりますが、経費は適切な処理をしなくてはなりません。しかし、こんなことは当たり前で、本来議論以前の問題であって、国と地方の借金が1000兆円あるという恐ろしい事実を考えると、論点がずれています。

私は地方議員の一員としてきれいな政治活動を続けていきます。そして、本質的な問題に時間を割き、また適切な議論ができるように一生懸命勉強します。

  本年も、市民の皆様のお声を市政に届けるべき、全力で努力してまいります。ご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。