2007年09月の一言


9月議会閉会

-2007/09/19

斉藤市長最後の議会が終わりました。
退任の挨拶があり、閉会後は議員が議場を拍手でお送りしました。卒業式のような寂しい気持ちになりました。

市長提出議案は全て可決されました。
尚、議員提出議案は、
○松本伸議員に反省を求める決議
○独立行政法人都市再生機構住宅居住者の安定した居住を求める意見書
○医師不足を解消し、安心できる地域医療体制の確保を求める意見書
が全会一致で可決されました。


一般質問3.保育園の入園基準について

-2007/09/17

岡田質問)
派遣労働や、家族経営のお店に勤務の方は保育園に入りづらい。 入園選考基準の指数を見直しできないか?

保健福祉部長答弁)入園選考基準は、これまでも実態に合わせて随時、見直しを行っておりましたが、女性を取り巻く就労も大きく変化しているので、今後も個々の就労実態が反映できるよう、選考基準の見直しを図っていく。保育に入園できなかった方に対しては、受付順に家庭保育室や一時保育等を紹介している。国の判断で滞納者を退園させることはできない。

所感)待機児童がいるのに、保育料の滞納者が240人、未納金が2280万円あります。今後は、収納対策の強化もしていくようですが、保育料には減免制度があり、払わないのは悪質です。ぜひ、お子様のためにも払ってください。


一般質問2.公園の樹木の管理を!

-2007/09/16

岡田)北野公園・緑町中央公園・亀ヶ谷公園等は、木が生い茂り見通しが悪く、防犯面でも大変に危険!また、木と木が大きくなりすぎて、密着しているため、栄養が行き届かずに枯れている木もある。公園の樹木の状況を調査し、緑を残しながら木の剪定や間引きをできないか?

道路公園部長答弁)緑町中央公園は整備後約50年、北野公園は約30年経過しており、公園全体の樹木が大木化している状況。今後、高木樹木の間隔調査し、適正な樹木配置を検討する

所感)「公園ボランティア制度」を創設し、公園で遊ぶ子どもたちを見守っていただく仕組みづくりを提案しましたところ、公園の安全管理の新しい方法として検討していただくことになりました。


一般質問1:ミューズを市民に優先的に使わせて!

-2007/09/15

岡田質問)市民文化センター「ミューズ」の自主事業を縮小し、市民が優先的に予約できるようにすべきでは?
展示室の抽選を市民団体と民間企業を同一にするのは如何か?


市民経済部長答弁)同規模の全国に所在いたします文化会館39施設を対象といたしまして「市民の優先予約」について調査している。今後はこの調査結果をふまえて、検討しなるべく早い時期に結論を出していきたいと考えている。
展示室は、物品販売等は一般の7倍の利用料金をご負担して頂いているが、併せて検討していく。

所感)土日や気候の良い時は、中々ミューズが取れないという市民の方からの多くの声があります。3月議会に質問いたしましたが、答弁に納得できなかったので、再度、質問いたしました。今後も、市民の利便性向上に向けてチェックしていきます。


一般質問終わる

-2007/09/14

本日で、一般質問が終わりました。
今回の答弁は全て検討していただけるとの回答をもらったから満足しています。
私の質問は20日の20:48からケーブルテレビで放映されますので、ご覧ください。

明日からは火曜日に行われる総務常任委員長報告の原稿づくりに取り組みます。


9月議会

-2007/09/04

昨日から議会が始まりました。
今議会は、19の議案が提出されました。
一般会計の補正予算は、6億3309万6千円の追加があり、820億円991万3千円となる見通しです。
 
 本日、各会派ごとの議案調査が終わり、明日から本会議で質問、各委員会で審査がはじまります。

私の注目議案は、小児夜間診療の祝日と年末年始診療が始まることです。全国的にも小児科医不足が問題となっておりますなかで、夜の11時までの診療ではありますが、365日スタートしたのは一定の評価できると考えます。

また、今日は12日に行う一般質問通告の提出日でした。
私は、ミューズの利便性向上(パート2)と、公園の管理(樹木・遊具・ボランティア)、保育園の入園基準についての質問を通告いたしました。