2006年11月の一言


12月議会に向けて議運

-2006/11/27

12/4−20に12月議会が開かれます。
岡田しずかは15日(金)11時から、一般質問をいたします。
ぜひ、傍聴にいらしてください。

さて、秋は表彰式や文化祭等の行事が多く、9月議会報告がまだ配り終わっていません。なんとか今月中に配らなくては(;^-^A


交通社会実験

-2006/11/26

小手指まちづくり事業協同組合が国交省の委託を受けて実施している社会実験が順調です。

・小手指北口のハナミズキ通りで、狭さく実験(違法駐車の多い車道を狭くして、自転車歩道車道の確保)
・新所沢こひつじ幼稚園・北中小学校前でハンプ(段差)設置によるスピード抑制実験
・青葉台での一戸一灯運動(夜中に各家庭の門燈等をつけて街を明るくする)

ご迷惑をおかけしている面もありますが、交通安全のためです。
ぜひ、ご体感ください。


敬老会行事は今後どうあるべきか?

-2006/11/05


昨年より敬老会を各地域の自主性に委ねて実施したが、昨年は式典を実施するところと、記念品を贈呈するだけの地域に分かれた。市は敬老会行事をどう捉えているのか?今度の方向性は?

A保健福祉部長)昭和49年より実施しているが、本格的な高齢社会に入ったため平成14年に敬老会行事検討委員会を設置し協議した。 平成17年より地域ごとにお祝いしていただく形にしたが、地域コミュニティの変遷もあり、市としても難しい対応をせまられている。この2年の実施状況を把握し、今後の方向性について検討する。必要があれば再度、委員会を立ち上げて協議する。

しずかのコメント)敬老会行事は、市が3千万円を11行政区に、平均割額50万円と、一人当たり1,071円の均等割額を交付し、各地域に運営を任せています。長寿・急速な高齢社会の伸展により財政の面から従来の敬老会を維持できない。式典の出席者が少ない。個人情報保護の問題等があり検討委員会が設置されたようです。しかし、地域に委ねるなら地域力がアップするように市が協力に支援する必要があります。また自主防犯・防災などにも地域コミュニティの強化は重要となってきます。長寿をお祝いし、これまでのご苦労に対してみんなで感謝できるような仕組みをうまく構築していただきたいと考えます。

 


小学校での英語教育の充実を!

-2006/11/04

 平成16年6月議会で小学校の英語教育の充実を要望したが、その後の実施状況と方針は?

A(教育長)
全国的に小学校の英語活動の促進は年々増加の傾向にあり、文科省も必修化を検討している。所沢市でも、4つの取り組みをし、平成16年は全小学校の英語活動の時間は1053時間だったが、平成17年は1291時間に増加した。特に、来年は3年生から5年生にパソコンを使って英語を学ぶ「英語学びノート」の作成に着手しており、期待してほしい。

しずかのコメント)教育福祉常任委員会で視察した英語の特区申請をしている豊里小学校の子は皆、英語で道案内ができるそうです。英語は小学校4年生以降に覚えた英語は一生覚えており、耳が良いためより正しい発音ができるとのことです。また、良くも悪くも英語は後の高校・大学受験にも大きなウエイトを占めており、IT・グローバル社会には必要です。小さい時に楽しく英語に触れる環境づくりを望みます。


Q 小中学校にAEDを導入できないか?

-2006/11/03

AED(自動体外式除細動器)を使うと、生存率が5倍高いというデータが総務省消防庁の初調査で分かった。市は公共施設に積極的に導入を進めているが、小中学校には一台もないが、導入できないか?

A(教育長)必要性は十分認識しているので、優先順位を勘案しながら、順次設置していく
(財務部長)生命にかかわることなので、検討する

しずかのコメント).私も非難訓練等で実際に体験しましたが、音声に従って胸にパッと貼って、電源を入れるだけで電気ショックを与えることができます。不要な場合は稼動しないので素人でも安心して簡単に使えます。県立高校には導入されましたので、小中学校にも早期の導入が必要です。


*******************
AEDって何?
AEDとは、自動体外式除細動器(Automated External brillator)の略称です。
心臓の突然停止(心室細動)の際に、電気ショックを与えて心臓が本来持っている機能を回復させる装置です。2004年の7月から一般市民でも使用できるようになり、所沢市役所や所沢駅など、市内でも約80ヶ所に導入されています。値段は1台30万円位の小さな機械です。
 AEDの講習の受講は、所沢市消防本部まで(電話:2922−5146) 出前講座もあります!


Q.市民プール・小中学校プールの安全性は?

-2006/11/02

 ふじみ野市のプールのずさんな管理により、市内の小学生が亡くなるという大変痛ましい事故が起きてしまった。所沢市の北野公園市民プールと小中学校のプールは安全か?

A(教育長)吸排水口が含まれた点検基準、緊急時の対応マニュアル、監視員の適正配置・研修等について文科省から調査があり、全てのプールで対策を講じていると報告した。
市民プールの運営は民間業者に業務委託しているため、複数の救急法救命員、看護師の常駐を条件としており、週に1、2回職員が抜き打ちで現地に行き指導している。今後も安心・安全を最優先としたプール運営に心がけたい。

しずかのコメント)問題がないことは分かったが、これはあくまでも現時点のことであり、今後も吸排水口以外にも問題が起きる可能性はあります。特に、市民プールは30年以上たち老朽化しているので点検・補修をしっかりとしていくように要望いたしました。
また、ふじみ野市に関しては、所沢市も原因と責任の所在が明らかになるまで厳しくチェックするように求めました。ご冥福を心からお祈りいたします。


学校メール配信システムの機能向上を!!

-2006/11/01

秋は文化祭、体育祭、表彰式などの行事が多く、HPの更新が遅れて申し訳ありません。9月議会報告を中心とした「岡田しずかレポート」のポスティングを始めましたので、ご報告します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 不審者情報のメールを平日の8時半から5時ではなく、24時間365日メールが配信できるシステムに変更できないか?

A.(教育長)保護者のメールアドレスなど、極めて重要な個人情報を取り扱うものであり、その管理を厳重にしなくてはならない。管理委託を外部に委託することなく、学校で厳重に管理するシステムを導入した。今後、より活用しやすいシステムとなるよう技術面や運用面についての検討を進める。

しずかのコメント:不審者は、放課後に現れることが十分に予想されます。また、塾に通っている子も多く夜も不安です。事件が起こってからでは、遅いのです!!危険情報をいち早く伝えれば、危なそうな場所を通らせない、保護者が付き添うなどの危険回避ができます。地域の防犯ボランティアや町内会との情報共有も必要です。また、多忙な先生が情報を管理できるのか?専門の業者の方に委託したら(プライバシーマークを取得している)24時間365時間対応できるはず。改善を強く訴えました。