2006年10月の一言


教育福祉常任委員会(特定事件)

-2006/10/24

障害者の就労支援をテーマに、所沢養護学校と社協の担当から現状の報告を受けました。
なかなか就職先がないのが、現状です。
今後は、市を含めて(現在は、図書館等で雇用)就職先が増えるように支援していくように提言することを確認しました。


若者政治家養成塾

-2006/10/15

 しがらみはないけれども、地盤・看板・カバンのない若者が、議員をも目指す塾で講師をいたしました。
 私が講師なんておこがましい気もしましたが、志を持った若い人が議員を目指して地方を改革していくのをお手伝いしたいと考え、3年半前の自分の選挙の様子や、選挙の立候補方法や政策リーフレットの作り方などをお話しました。
 議員を目指す理由はそれぞれ違うと思いますが、同じ若い世代の人にがんばってもらいたいと心から思います。同時に、他市の議員とも情報交換や勉強会ができるチャンスが広がり楽しみです。次回も講師がんばります!


教育福祉常任委員会視察

-2006/10/10

 市内の知的障害者の通所授産施設「光の園」と「所沢市立はばたき」に行きました。
 障害者自立支援法施行による利用者負担増、就労支援の難しさ等、様々なお話を伺いました。
また、実際に施設利用者がアルミ缶つぶしや、粉せっけんづくりをしている現場を見せていただきました。
 光の園では、市議会の視察は初めて来たということでしたが、市内の施設現場の視察は重要だと改めて感じました。
今回の視察については24日の委員会で審議される予定です。


まちあるき

-2006/10/08



交通安全ワークショップでまち歩きしましたが、あいにくの雨で大変でした。しかし、せまく見通しの悪い道や、不可解な標識や、30センチ位しかないグリーンベルトなど、普段は気づかない問題点をたくさん見つけました。