2005年01月の一言


基地対策協議会

-2005/01/29

27日に協議会が開かれ、米軍基地内の燃料漏れした土壌の入れ替え作業がすべて終わった旨、報告ありました。
また、新しい燃料タンクの設置にあたっては消防と協議することになっているそうです。当然とも言えますが、ひとまず、安心できそうです。

また、東西連絡道路については国の調査費が来年度もついたそうです。
一刻も早い東西道路の開通を目指します!


毎日新聞特別編集委員 岸井成格氏の講演会

-2005/01/28

市と商工会議所が主催した新春講演会「2005年!政局の行方と日本の将来」に行きました。

今年は国際政治が日本の政治を左右するということでした。
イラクや北朝鮮の問題が、平和に解決できれば国家間の戦争はなくなるともいえるが、可能性は少ないとのこと。
衆議院選挙は与野党共に今年は動きが鈍く、国際問題で混乱がない限り、今年はないだろうとのことでした。

超満員で立ち見だったので少しきつかったのですが、勉強になりました。


新所沢駅前通り線開通

-2005/01/27

待ちに待った新所沢駅前通り線が開通しました。
緑町3丁目の交差点から国道463号バイパスまでの延長980.5mで、立体交差により上新井の大踏切りの渋滞が緩和されます。

岡田しずかは、いつものオレンジの自転車で渡り初めをしましたが、自歩道も2.5mあり安全です(^^)


狭山丘陵の緑を守らねば!

-2005/01/19

昨年末より、「森が突然なくなった?」「たった1日で雑木林の木が伐採されてしまった」という市民の方からの問い合わせが何件かありました。

調べてみますと、相続により物納された国有地の雑木林を開発業者が落札し、整地して菜園等として3倍から4倍の値段で売り出しています。
狭山丘陵では、現在3箇所の土地が売り出し中です。また、来月も国有地の払い下げが予定されています。

今日は、伐採を止める事ができないか県と市の職員に質問しました。市の職員も建築基準法を摘要したり、届出を厳しくチェックしてがんばっていますが、合法的にやられているので難しいようです。

県条例も、県立狭山自然公園は普通地域であり、拘束力がなくお願いしかできないとのことでした。

国は、CO2の削減を進めていますが、森を無くして削減できるのでしょうか?
財務省が、国有地をお金にしたい気持ちは分かりますし、国民から預かっている税金を有効活用しなくてはなりません。
しかし、その一方で環境対策費に税金をいくら使っているのでしょうか?一度、切ってしまった木は戻りません。

所沢市では、毎年、緑保全のために1億円をかけて土地を購入していますが、緑の保全に力を入れるように提言していきます。
また、法整備も含めて、国にも訴えていきたいと思います。


結婚式

-2005/01/15


大学時代の友人の結婚式に出席しました。
新郎新婦ともに、入学当時からのお付き合いで、私は恋のキューピットでもあるのでうれしいです。
政治学会で熱く語ったり、苦しいテストを共に乗り切った仲間の結婚式は感無量でした。
あやちゃん、竹内君、いつまでも仲良くお幸せに!!


成人式のお礼

-2005/01/10



成人式で来賓代表として、祝辞を述べさせていただきました。

この日のために、地域の方が実行委員会を組織し、昨年から成人式の準備を進めてくださったので、一言お礼を言ってから帰ってほしい。
家に帰ったら、ご家族の方に「無事、成人式に行って参りました。これからは大人としてがんばりますので、よろしくお願いします」と、お礼を言ってほしいとお願いしました。成人に対して失礼かなとも思いましたが、自分の成人式の時、親にきちんと挨拶をせず、少し後悔しているので、皆さんにはぜひ、お願いしたいと申し上げました。

帰り際に公民館の方たちにお礼を言って帰ってくれた新成人がたくさんいたようです。
開催が5分遅れましたが、私語もなく話をしっかりと聞いてくれていました。
所沢市の未来は明るいかな!!


年賀状と公職選挙法

-2005/01/09

公職選挙法で、議員の年賀状は、答礼のための自筆によるもの以外は禁止されています。

議員は、市民の皆様にご協力いただくことが多いので、年賀状を出したい気持ちはありますが、法で定められておりますので、ご理解ください。

今日で答礼の年賀状が書き終わりましたが、手書きは少し疲れました。


出初式

-2005/01/08


消防の出初式がありました。
写真は消防訓練の実技で、県からヘリコプターも応援に来ました。
今年も、消防関係者の方のご活躍を期待しています。


市議3年目の抱負

-2005/01/01

新しい年を迎え、心新たに頑張ろうと気を引き締めております。

市民の皆様にご協力いただき、市議会議員活動をさせていただいておりますが、早いもので、今年は3年目となります。議会では、毎回、質問をし、発言をさせていただいておりますが、昨年は、「安心して楽しく暮らせるまちづくり」を中心に質問しました。

 「市民の皆様からのお声をしっかりと聞き、確実に市政に届ける、そして実現に向けて全力で努力する」を選挙公約にいたしましたので、皆様の声をお聞きすることに力を入れた2年目でした。
 その中で最も要望の多かったのが、「安全」と「子育て」のことでした。特に昨年は、新潟中越地震や台風被害などの人間が太刀打ちできない自然災害により、たくさんの命と家、財産などが一瞬にして奪われる事態が相次いだ年でした。年末のスマトラ沖地震では、小手指町の方が被害に巻き込まれたようだという情報もあり、心配しております。
 また、長崎で起きた小学生の殺傷事件は日本中を驚愕させましたが、所沢市でも下校途中の小学生を狙った犯罪や、空き巣、ひったくり、自動車や自転車の盗難、女性に対する猥褻行為などが多発しました。特に、オレオレ詐欺では所沢市民が集中的に被害を受けました。新聞には全ての犯罪状況が載っているわけではありません。私が、市役所内にある記者クラブでお聞きしましたところ、未遂なども含めると犯罪情報は毎日あるとのことでした。

 従いまして、議会で取り上げる質問や提言は、防犯や防災のことが中心となりました。先月の12月議会では、新潟中越地震に対する市の対応と所沢市の防災組織を中心に質問いたしました。

議会での答弁によると、所沢市に予測される地震としては立川断層地震があり、時期は全く予想できませんが、震度6弱から6強の揺れが予測されています。木造の建物の被害については、全壊が1万棟、半壊が約2万3千棟が想定されており、負傷者などが3千人を超えるものと予測されています。自然災害の対策を早急に強化する必要がありますが、やはり「自分の身は自分で守る」「地域の安全は地域で守る」仕組みづくりが大切です。市や消防本部と協力して、市民の皆様の自主防災の活性化のためにできる限りのお手伝いをしたいと考えています。それから、昨年は議会で男女協同参画条例が制定されましたが、防災に関しても、女性が責任を持ち積極的に参加する時期が来たと考えております。女性消防団の結成により、介護や各家庭の消火活動に力を入れたいと思っています。

 最後になりますが、急激に進む少子高齢化問題の解決も重要課題です。昨年は、乳幼児医療費の小学校就学前無料化を議会で要望いたしましたが、子どもを産み育てやすい環境づくり、それから心のふれ合った連携ある教育環境の充実を要望していきたいと思います。

まだ経験も浅く勉強する事がたくさんありますが、所沢市政が更によくなる様一生懸命がんばってまいりますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

* 今年はがんばって御節料理をつくってみました!