2004年12月の一言


消防団歳末特別警戒

-2004/12/28

今日から30日までの3日間、各消防分団で夜の歳末特別警戒を行います。私の家の前もポンプ車がパトロールに回ってくれていました。

消防団の詰め所に激励に来た市長の話では、「今日も上新井で放火があったので、しっかり活動してほしい。団の皆さんに期待しています」とのことでした。

ちなみに消防幹部が回ってきたのが、夜の10時でした。着替える時間がなく、スカートスーツで行ってしまったので、外での待機は寒さが格別でした。(TT)

団員の皆さん、寒さのなか本当にご苦労様です。


広い視野で考える

-2004/12/25

NHKテレビのデータマップ63億人の地図の「G中国・豊かさへの模索」を見ました。
おしゃれなノッポビルが立ち並ぶ豊かな上海と、山西省中庄村で900円の教科書が買えず小学校を退学する女の子との対比を見て、なんとも言えない気持ちになりました。

ケ小平の改革開放、先富論(先に豊になれるものから、豊かになり国の経済を成長させてから、国全体を豊にしていく政策)により、中国は9%を超える経済成長を遂げていますが、その反面、農村部では、月何千円で生活をしている人がいます。

最近は「先富」から、「共同富裕」へと移行しつつありますが、13億人の所得格差をなくし、皆が富を得るのは大変な道のりだと思います。
そして、その過程で日本も大きな影響を受けるのは間違いありません。

大学時代に、河南省の霊宝市という、電気もトイレもないところに植林に行きました。小学校に上がる前の子どもが一生懸命に花を売ったり、楽器を引いたりしてお金を稼いでる姿を見て衝撃を受け、中国に関する本を読み漁ったことがあります。

しかし、市議になってからは「所沢」のことばかり考えていました。所沢市議ですから、当然といえば当然ですが、市のこと、市民の要望を把握することでいっぱいいっぱいでした。

久しぶりに、忘れていた隣国の経済のことを考え、広い視野でものごとを考えなくてはいけないと思い反省しました。

世界には、400倍の所得格差が存在すること、それを頭の片隅に入れて、日本を考える、そして、所沢を考えようと思いました。


所沢で第九を

-2004/12/19

教育委員会が後援している「所沢で第九を」コンサートに行ってきました。22回目の演奏会で、市民の手作りコンサートです。

合唱団に、会社員時代の先輩と、議会事務局でいつもお世話になっている職員の方がおられてびっくりしました。

素晴らしい演奏会で、久々に心和む豊かなひと時を過ごしました。


議会閉会

-2004/12/17

12月議会が無事終わりました。
今回は、私の所属する市民環境常任委員会の議案が一番議論され、大変でした。
ゴミの民間委託が焦点となりましたが、行政改革を進める中で民間委託は当然のことと言えます。
今日は、会派を代表して賛成討論をしました。野次もすごかったのですが、良い討論ができたと思います。また、議案も可決しましたので、将来の所沢のゴミ行政の経費節減につながるように今後もチェックしていきます。

賛成討論の中身はこちら
------------------------
市民会派せいしんを代表し、議案第94号「平成16年度所沢市一般会計補正予算(第5号)に、原案に賛成の立場討論させていただきます。

 反対する債務負担行為ですが、2005年の4月1日より、効率の悪い品目別収集から、地区割収集に改め、かつ30%の地区について民間委託し、1億8,720万円の経費削減の効果を図るものであります。

 直営の場合は一人あたりの人件費が、870万円かかりますが、民間委託ですと、企業努力が十分期待できるものであり、更におよそ1/2の人件費で済むというデータも出ております。

 市の職員が主役ではなく、市民が主役です。市民は皆、税金を有効に使って頂きたいと民間委託を望んでいます。「市民の暮らしと平和を守る」共産党のみなさんをはじめ、反対者は、きちんと市民の声をきいているのですか?

 今回の地区割り収集の委託化では、職員の職場を保障し、欠員不補充分を民間委託に切り替えるという改革を進めています。また、希望する職員に対しては転任枠で現業職から転換を図る機会もあり、有効な人材活用が配慮された計画であり、所沢市にとって大きなプラスになります。

 そして、全体の人材配置を見直す中で、ペットボトル収集や、議会でも多くの議員が要望しているふれあい収集という新たな行政需要に答えようとする施策でもあります。

 環境を守るために、地方自治体はその財政が、危機的な状況であるにも関わらず、高性能の焼却炉の建設、分別を徹底してリサイクルを推し進めるための予算を計上してまいりました。80%を超すと、財政の硬直が指摘される経常経費率も所沢市の場合は実質、92%を超え、危機的な状況であるともいえるなかで、この委託化は、ゴミの収集に対する大きな政策転換であります。市財政が厳しい中で将来を見据えた大きな転換が必要な時期であり、これを高く評価します。

当市のゴミ処理経費が入間市に比較すると市民一人当り5,000円も割高なことを考えれば、これらの経費の 節減を図ろうとする今回の予算は当然の事と理解出来ます。 そこで実施に際しては、厳しい管理のもと、サービスの低下をきたすところなく、民間の競争原理が十分に働くよう努力していただき、民間委託を進めていいただきたいと思います。

 みなさん、一緒に賛成しましょう!そして、共に、市民のために、委託の拡大をし、更なる行政経費の削減を目指し、市民福祉の向上を目指しましょう。以上で原案に対し、賛成討論といたします。

ご清聴ありがとうございました。


意見書・提出せず

-2004/12/15

国や県に提出する意見書についての議会運営委員会がありました。しかし、所沢市議会は全会一致(全議員が了解)でないと、意見書を提出できないことになっています。
今回は、全ての意見書が要研究となり、提出しないことになりました。私が担当した市民会派せいしんの意見書は日の目を見ないことになりました。寂しいので、HPに載せます。

--------------------------------------------
乳幼児医療費無料化制度の実現を求める意見書

 急激に進む少子化の進行は、若年層の減少等により、労働力の供給面の制約要因が社会生活の活力の低下を招くばかりでなく、高齢者の増加と現役世代の減少が相まって、社会保障への国民負担が一層増加することが懸念されている。

 このような中で、県と市は、安心して子どもを産み育てることができる子育て環境の整備の一つとして、乳幼児医療費助成制度を創設し、対象年齢の拡大を図るなどの制度の充実に努めており、子育てに伴う経済的負担の軽減に努めているところである。
しかしながら、このような経済的負担は、市の財政状況に大きな影響を与えるというマイナスの側面も持ち合わせている。こういった負担を伴う少子化への対応は県や市にとどまらず、国を挙げて取り組むべき課題であるので、全国的にも一定の取り組みが見られる乳幼児医療費助成制度を国の制度として創設し地方公共団体への補助を行うこと、もしくは、相応分の税源を地方公共団体に移譲することを要望する。

平成16年12月9日

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

所沢市議会 

提出先
 衆議院議長 参議院議長 内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣


チャレンジショップ2004の視察

-2004/12/12

旧町の商店街で、TMO(タウン・マネージメント・オーガニゼーション)検討委員会が、新しい商店街活性化企画をはじめたので見に行きました。

商店街のお店の一角をお借りして、手作りのものを、作った方が販売することにより、新しいお客さんを呼び込もうという企画です。

日曜日は、タイアップしている文教大学の学生さんも来ていましたが、お昼休憩で会えませんでした。しかし、クリスマスグッズが売られているコーナーに「売れないと卒業できないので、買ってください」の張り紙には、笑ってしまいました。

手作りのものを売りたいという方は多いとお聞きしましたので、面白い企画だと思います。ただし、店舗が分散しているのではなく、屋台村のように同じ店舗に少しづつお店がある方が、人は集まるような気がします。今後、研究してみたいと思います。

写真は、お茶屋さんの一角で、タイの山岳部の子どもたちの作ったものをチャリティーで販売しているコーナーです。


ペイオフの対応 (質問報告B)

-2004/12/11

来年の4月から、ペイオフが前面解禁になります。
個人の預金同様に1000万円以上は保証されませんので、市の対応策を聞きました。

市では、2年前から念入りに準備しているようで、公金管理委員会を作り、研究しているようです。
「無利息・要求払い・決済サービスを提供できる」の3条件を満たした決済用預金は、来年4月以降も全額保護の対象とのことであり、こちらも利用するようです。

公金の保管については、今後も議会で取り上げ、監視していきます


防災とコミュニティ (質問報告A)

-2004/12/10

新潟の深刻な地震の影響を受け、所沢市で地震が起きた時の対応を聞きました。

今回は、地震の質問を中心に40分くらい質問しました。後日議会報告に載せる予定ですが、答弁の中で気になったのは、

@所沢市に予想される地震は、立川断層地震で最悪の場合は震度6強 
A新興住宅や高齢者の非難組織体制の確立は不十分なので今後の課題 
B女性消防団の結成については研究中

防災については、非常に重要なことですから、今後も取り上げてまいります。


乳幼児医療費就学前まで無料化 (質問報告@)

-2004/12/09

市長から、いい答弁がきました。

現在、乳幼児の医療費は5歳まで無料ですが、就学前まで無料にしてほしいというお母さん方の要望が多かったので、議会の一般質問で取り上げましたところ、市長から前向きに検討するとの返答がありました。
議会で、前向きに検討するは、非常に良い答弁で、近いうちに実現すると思います!!

民生費(福祉費)の伸びは、非常に高いですが、少子高齢化問題は深刻です。所沢の日本の未来を担う子どもたちのための投資は必要と考え、所得制限もしくは、一部負担をつけてでも実現してほしいと、議会で一生懸命訴えました(^^)


明日は一般質問に登壇します

-2004/12/08

明日の9時から一般質問をします。

質問項目は、
1.乳幼児医療費の就学前無料化
2.防災・地域コミュニティについて
3.ペイオフ対策(公金の管理・保管)

について質問します。
議会は体力勝負です。あと10日間がんばります。


12月議会始まる

-2004/12/01

いよいよ12月議会がはじまりました。
初日の今日は12件の議案の説明がありました。

私が注目している議案は、一般廃棄物収集運搬業務委託料と、新所沢第6号踏切道改良負担金の債務負担行為です。

分かりやすく言うと、ゴミ収集の民間委託と、北岩岡の西武新宿線踏切の拡幅工事です。この二つはぜひとも可決させたい案件ですから、がんばります。